デリケートゾーンのIライン自己処理には危険がいっぱい?!オススメな自己処理方法とは!

Sponsored Link

現在、デリケートゾーン脱毛に通い出した方や、自宅での自己処理でデリケートゾーンのIラインの自己処理について、処理方法にお悩みがあったり、Iラインの自己処理で何かしらお困りの方へ向けて、実際にデリケートゾーン脱毛に通っているまみやが、Iラインの自己処理方法についてご紹介していきます。

デリケートゾーンのIラインとは

その名の通りIライン=縦のラインとイメージすると分かりやすいかといます。

図で言うと以下の箇所

デリケートゾーン脱毛のサロンへ通っている場合、事前に自己処理を求められるのが一般的で、私自身もVラインは、余裕でもIラインの自己処理となると、最初の頃は「おっかなびっくり」という感じでした。

まみや
脱毛サロンに通っている場合ですが、単純にIラインの脱毛までであれば、何とか出来たとしても、ハイジニーナ脱毛まで希望する場合は、Iラインの粘膜ギリギリまでの自己処理を求められる為 大変デリケートな箇所なので、最初は、自己処理と言われカミソリを使ったものの直接、粘膜まで刃を当てるのがとっても怖かったですし、それ以前にIラインの自己処理自体、どんなカミソリやシェーバーを使ったらよいのかさえ分からずはじめはとても苦労の連続でした。

なぜ、Iラインの自己処理

私には必要ない?!確かに必要無いと思っている女性も多い反面、ここ最近は、デリケートゾーンに対するお手入れが常識になりつつあるのは知っていますか?常識?と意識していなくとも様々な理由でデリケートゾーン脱毛や自己処理に取りかかりはじめている女性の中には、Iラインの自己処理に直面している!

Iラインの自己処理を求められる女性の中には、もちろん【ハイジニーナ】希望しているという方には必要不可欠なのですが、それだけではありません。普段は、そんなにIラインのお手入れをしていないとしても、例えば急に水着を着用するなんて場面だと「脱毛サロンに通う」とかでは間に合わない!というような急を要する場合や、やっぱり下着から毛がはみ出ているのはNG?なことに気づいた!等など、何かのきっかけでIラインに対してお手入れ意識が芽生えたという場合には、安全にそして手軽にIラインの処理をしたいものです。

まみや
貴方にも、Iラインのお手入れの機会がある日突然、年齢に関係なく興味が無くてもIラインのお手入れが必要になる事があるかもしれません。

(アンダーヘアのタイプは下の図でご確認ください。)

Iラインの自己処理は危険

急に、アンダーヘアーのお手入れが必要になり1度カミソリで処理してみた事があるけれど、毛もしっかりしているので肌に刃を当てて傷つけてしまっってからはアンダーヘアーの処理に関してはノータッチ、またはカミソリではなくハサミでカットしているという方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、私も脱毛サロンへ通う為の自己処理で最初は、カミソリとジェルでトライしましたが、これがとっても大変でジェルが無いとカミソリも滑らかではないですし、思うように綺麗に処理が出来なかったんです。しかも、やはり恐怖感もありました。

デリケートな箇所に刃を当てるのですから、やはり安全な方法でお手入れをするのが一番おすすめだと今は考えております。

Iラインの自己処理アイテム

Iラインの自己処理は、安心に行いたいので、Iラインの処理を行うのには専用のシェーバーを是非おすすめしたいと思います。こちらの商品はIラインの為のシェーバーなので安全に処理を行うことが出来るので初心者さんにはおすすめなアイテムです。Iライン専用シェーバー

使い方は動画でもご覧頂けます。

Iラインの自己処理を安全に処理出来る

Iラインの自己処理は、とてもデリケートな箇所なので安全に丁寧にお手入れ出来るアイテムがオススメです。こちらのIライン専用シェーバーですと明日みんなでプールに行く!とか旅行先で水着を着用する時も、焦らず丁寧に使うことが可能です。

そして、脱毛サロンに通い始めての自己処理が必要な方も、これだと安心して使うことが可能です。

アンダーヘアのお手入れは、いまやどんどん日本人女性の中でも常識になりつつあるのです。なので、ハイジニーナじゃなくともこのIライン専用シェーバーがあると安全にIラインをお手入れする事が可能です。

Iラインのお手入れのメリット

ハイジニーナは、衛生的という意味合いの造語でありますが、そもそも日本人女性は世界的にもアンダーヘアのお手入れには無関心だという風習が強かったのは一昔前で、私も現在はデリケートゾーン脱毛に通うようになってからというもの、下着からのはみ出し以上に悩まされていた、蒸れ感や、生理の際にごわつき、またおりもの等での不快感等がかなり軽減されて来たのを実感しています。

ですが、まだまだサロンに通うのを躊躇している女性や、世代的に身近じゃないという方も少なくは無いです。いきなり脱毛サロンに行くというのはハードルが高いと感じる方には、まずはお試し体験という感覚で専用のIラインシェーバーでデリケートゾーンのお手入れを体験してみませんか?

デリケートゾーンのお手入れでの改善

  • 蒸れ感が改善された
  • 下着を履いたらフィット感がいい
  • 臭いが軽減された
  • 清潔になる気がした

 

上記の改善点!逆に言えば、今!蒸れ感や臭いで悩んでいいるということはありませんか??だからといって単にカミソリで処理をすると毛がチクチクするし、肌を傷つけてしまった等何かとトラブルにもなりかねないので、そのことが理由でお手入れを自分には必要の無いこととして完結してしまうのが、日本人女性に多いのでもあるのだと思います。

海外では、デリケートゾーンに対する意識が違うので、お手入れをするのが当たり前。いってみれが顔を洗う、歯を磨く事と同じようにエチケットのひとつなのかもしれないですね。そう考えると、デリケートゾーンに対するエチケットの差なのかなと、現在デリケートゾーンの脱毛に通い意識が変わった私からみる見解です。

確かに、私もデリケートゾーンのお手入れをする様になってから、良かったこと(蒸れ感がフリーになったり、ニオイが軽減されて清潔感が増した)がいっぱいですから、この頃は様々な世代の女性誌でも特集が組まれるくらい日本人女性のデリケートゾーンのお手入れ意識を向上されている風潮なのを感じます。

結論

デリケートゾーンのIライン脱毛方法は、脱毛サロンへ通っていなくともある日突然、お手入れする場面がやってくる。そんな時に備えて、危険な方法ではなく、安心・安全にお手入れを行いデリケートゾーンのお肌も守りながら清潔に美しく、また日本人女性のデリケートゾーンの衛生的なステージへ導く為にも、Iライン専用シェーバーを使ってみてはいかがでしょう

Iライン専用シェーバー

コチラの記事もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪デリケートゾーン脱毛に通う主婦のまみやと申します。脱毛がきっかけでジャムウ石鹸やデリケートゾーンケアに対する意識が変わりました。 元々、一般財団法人日本園芸協会のハーブコーディネーターの資格を保持していた事もあり日本女性のデリケートゾーンケアを向上させていきたいと考えるようになり【デリケートゾーン美容塾】ブログを発信中です。