VERYや美stといったおしゃれな女性紙にも浸透デリケートゾーン脱毛元年は始まっている!私も主婦代表デリケートゾーン脱毛はじめました。

Sponsored Link

念願のデリケートゾーン脱毛を受けてます!

デリケートゾーン美容塾の【まみや】です。私は、現在デリケートゾーン脱毛に現在進行形で通っています。

さてさて、読者の皆さんはデリケートゾーン脱毛にご興味がありますか?

デリケートゾーン脱毛とはもっと分かりやすく言えば、お股の脱毛のこと。他に呼び名としては【VIO脱毛】【ハイジニーナ】などこの頃は脱毛サロンへ通うという習慣が若い世代で広がり身近なものとなって来ているので気軽に呼び名も定着しつつありますね。

特に、若い世代の有名人で言えば【指原莉乃】さん【ダレノガレ明美】さん【マギー】さんといった方々は堂々と公言されておりますし、男性でもノーヘアーな有名人が沢山いることはご存知ですか?

少し前までは、有名人だからとか、芸能人だからというイメージがあったかと思いますが、ある年代を境にデリケートゾーン脱毛に対する意識の境目があるそうなんです。

というのも、20代~30代半ばまでの世代は、脱毛が身近で30代後半からはデリケートゾーンの脱毛に対し抵抗感が増すそうです。

ですがこの頃は、雑誌VERYや美stと言った40代以上のおしゃれな女性紙でも特集が組まれるようになり40代以上の美意識が高い女性世代にも着実に常識化の波が来ているようです。

そもそも、なぜデリケートゾーン脱毛をはじめようと思ったか

答えは簡単。

  • 特に熱い季節の蒸れが気になっていたこと
  • おりもので毛が皮膚や下着自体に張り付く
  • 下着を綺麗に履きこなしたい
  • 毛が邪魔
  • デリケートゾーン脱毛が近年常識的になって来た
  • はじめるなら、出来るだけ早い方がいい(白髪問題)

以上のことから、まさにタイミングが来たということでした。

そうと決まれば、サロン選びになるわけですが、ぶっちゃけどこがいいのと言うのは実際に自分がいいと思ったところに決めるわけですが、リサーチも大切ですね。

ミュゼ

いきなり行くの?!

いえいえ、いきなり何の情報も無い状態で行くのは勇気も要りますね。それに、脱毛サロンが充実している地域に住んでいるのなら有名どころの大手サロンにまずはカウンセリングという形で行くことも可能です。

カウンセリングとは

どこのサロンがいいのかやはりはじめてはとっても不安がつきものです。実際に私自身も「どこがいいのかな?」調べてみたものです。そこで大抵のサロンでは、WEBやTELなどを通してはじめての方への説明会の様なカウンセリングというシステムがあるので、カウンセリングでとことん料金の事はもちろん、手順や、不安なことを全部聞いちゃいましょう~というのがカウンセリングなんですね!

もしも、そこで不安になったら

もちろん、当日に契約するのはちょっとという場合もありますし、もっと他のサロンはどうなのかな?という事もあって当然!少しでも不安があれば、「今日の所は、じゅっくり検討したいので考えさせて下さい。」と言えば大丈夫です。

だって、強引な勧誘などしてくるサロンなんてこれから通うのに、心配になってしまいますよね。もしもそんなサロンに出会ったら通う必要なんてありません。

ちなみに、私は強引な勧誘をされたサロンは無かったので、脱毛サロンに通うにも不安等は無く、料金や通う期間の事が気になったという感じでした。

 

デリケートゾーン脱毛の中身は?

デリケートゾーンの脱毛って場所が場所だけに、ちょっと恥ずかしいですよね・・・それに、どんな感じで行って、そもそも毛って全部無くすの??とか色々と疑問が浮かぶはずです。

これについても、カウンセリングで相談が出来るのですが、カウンセリングでそんな質問も出来ないよって方に、私が実際に経験したカウンセリングとデリケートゾーン脱毛の手順、形などをご紹介したいと思います。

【恥ずかしくない?】これについては、皆さん視点を変えてみてください。
①産婦人科へ受診される時、お医者様へ見ていただいている。
②温泉に入る際は普通に見られている。
③パートナーがいる(恋人や既婚者がいる)
確かに、普段の生活の中で意識を変えればという事になる。

【どんな手順】
私の通うサロンはガウンの下は素っ裸です。(紙パンツなし)施術ベットに横になって待っている状態で、デリケートゾーン(部位としてはV.I.Oを行っています。)

【VIO】とは
下の図をご覧下さい。
デリケートゾーン脱毛の部位、または箇所の呼び名です。

形も色々あり、おおまかな形は以下の様になります。

形に関しては、ずいぶん多様なことが分かります。

デリケートゾーン脱毛をはじめて受けてみた感想は

カウンセリングから、数日後に最短予約を入れました。デリケートゾーンという場所という事もあり、清潔にしてからサロンへお邪魔し、施術時間はガウンの着替えなども入れても20分もあれば終了。

なんともスピーディー

しかも、恥ずかしいのは最初だけ・・・というかこちら側だけで

サロンのスタッフさんは、とっても慣れた手つきで会話も交えながら、ジェルを塗ってこのようなフラッシュ機で

※イメージです。

Oライン→Vライン→Iラインの順にパシィ・パシィ・パシィ・パシィとリズミカルに脱毛

えっ!もう終了~ってなぐらいであっという間でした。

 

フラッシュ脱毛って痛みは無いの?

実は、私も痛みはどの程度なのか気にはなっておりましたが、カウンセリングの際にサロンのスタッフさんにお聞きしたお話では、個人差だそうで、痛みに弱い人、強い人様々だそうです。

比較的痛みが感じられない人は、出産経験のある女性は強い方が多いそうです。

ちなみに私は、10年以上前に脇脱毛に通っていたのですが、なんとその頃は「ニードル脱毛」といって毛穴に針を刺し毛根に電流を流すような脱毛でしたので、それはそれは、涙が出るくらい本当に痛くて、それを経験していると伝えると、サロンのスタッフさんも思わず絶句した後に、「それであれば、もしかしたら痛みを感じるのが少し、耐えられるかもしれませんよね~」とおっしゃっていた通り、ニードルのお陰なのか、初回のフラッシュ脱毛は全く痛く感じませんでした。

多分・・・ニードルの1/10の痛み・・・

一瞬、ベットで横になっている時間が気持ちよすぎて睡魔に襲われたほどで、はじめての施術(脱毛)が終わるとサロンのスタッフさんから、「大丈夫でしたか?」と何度か心配されたくらいでした。

ですが、2回目、3回目と慣れてくると逆に何となく、ゴムではじかれているような感覚が感じられたものの、4回目の脱毛ではやはり寝そうになりました。

 

スタートするには、実は冬がオススメ

脱毛って、サロンやコースによって異なりますが、数ヶ月は掛かるものです。

その為、私はタイミング的にスタートしたのが7月からでしたが、サロンのオススメとしては冬からのスタートだと、来年の夏に向けて目指している綺麗で清潔なデリケートゾーンが目指せるとのこと!

大手サロンでは、様々な特徴もありカウンセリングだけなら比べることも可能です。

予約が取りやすいサロンNO,1

脱毛サロン KIREIMO

初回分0円で1度で全身まるごと脱毛出来てしまうのがオススメポイント。

ジェルを塗らずに、反射面が-4℃冷却でスピード脱毛+痛くない

 

 

 

ミュゼ

無料カウンセリングもWEBで簡単に出来ちゃいます。

ミュゼプラチナム

 

時短で着実に脱毛をお考えなら医療レーザー脱毛

医療脱毛専門のレジーナクリニック


 レジーナクリニックは医療脱毛なので安心です。

しかも、1.5ヶ月おきに施術ができるため、最短8ヶ月で全身脱毛が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪デリケートゾーン脱毛に通う主婦のまみやと申します。脱毛がきっかけでジャムウ石鹸やデリケートゾーンケアに対する意識が変わりました。 元々、一般財団法人日本園芸協会のハーブコーディネーターの資格を保持していた事もあり日本女性のデリケートゾーンケアを向上させていきたいと考えるようになり【デリケートゾーン美容塾】ブログを発信中です。