ジャムウハーバルソープが危険!の根拠を【ジャムウ石鹸大好き主婦】が解説致します。

Sponsored Link

【ジャムウハーバルソープが危険】と感じて調べて下さり、この記事へ辿り着いて下さった皆さまようこそ

早々ですが、皆さんは、ジャムウハーバルソープを使ってみたことはございますか?

私は、ジャムウハーバルソープを現在進行形で愛用している主婦です。

そもそも、ジャムウハーバルソープとは、305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープの事で、日本ではじめて、デリケートゾーンに特化した専用の石鹸を販売した草分け的な老舗メーカーなんです。

 

ジャムウハーバルソープとは

デリケートゾーン専用の石鹸は、なぜ必要?

実は、日本の性教育の中で、デリケートゾーンに対する知識が日本では皆無なのがとても残念なこと・・・

女の子でこの世に生を受けたのに、自分のデリケートゾーンに対する管理が日本では殆ど教えてくれる機会が殆どありませんよね・・・だから、デリケートゾーンを普通の石鹸やボディソープましてや、シャンプーのついでにゴシゴシ洗うなんて事も普通にしているという大人女子もいるくらいで、でもその事が原因でデリケートゾーンに細菌が繁殖しやすくなったり、雑菌が進入しやすくなってトラブルや病気の原因になるとしたら・・・それでも、貴方はデリケートゾーン専用石鹸を使わずに、洗えますか?

そこで、ジャムウハーバルソープを日本人女性に為に丁寧に思いを込めながら作られたジャムウハーバルソープを知れば、知るほど、こんなにデリケートゾーンの安心・安全を考えた専用石鹸は無いという思いを もっともっと沢山の日本人女性へ共有したい!そう思い、ジャムウハーバルソープ危険というクチコミを石鹸の作り手のサイトの思いに共感し愛用し続けている私が、ジャムウハーバルソープの良さや必要性、大切なことをご紹介していきますね。

ジャムウハーバルソープの安全性は

そもそも、なぜ危険というクチコミがささやかれているのでしょうか?

私になりにリサーチをしてみたところ!こんな理由が分かりました!

それは、yahoo知恵袋に投稿された質問で、結論から言えば間違った解釈での使い方をされてしまった方が実際にいたこと。

その投稿によりますと、デリケートゾーンの臭いがとても気になっていた女性は、ジャムウ石鹸が専用石鹸であるのだからという安心感から、【膣内を思いっきりジャムウ石鹸をこすり込んで洗ってしまった】そうです。

 

実は、これは間違った使い方でしかも、とても危険といいますか、デリケートゾーンの環境を壊している行為なんです。

実もう少し詳しく専門的な捉え方をするとデリケートゾーンは粘膜のバリアーで守られていて図で紹介するとこんな感じです。

 

デリケートゾーンに細菌が繁殖しないためには環境があるってことなんです!その環境というのが、ph(ペーハーと読みます。phと言えばリトマス紙が分かりやすいですね。)4~5がデリケートゾーンのバリアを保つ環境という事。

なので、最初にご紹介した乱暴な洗い方として、普通の石鹸は一般的にpH9~11程度ということで、アルカリ性よりだという事がわかりますね。

これって、数字と図解にすると凄く怖いなって実感しませんか

要するに、バリアで保護されたデリケートゾーンを専用じゃない石鹸を使うことで環境が壊れてしまうので、細菌が進入したり繁殖したりしやすくなるのですね。

デリケートゾーンはその名の通り、デリケートな箇所。きちんとデリケートゾーンのことを知り、専用石鹸のジャムウハーバルソープを使用し洗う(安全とはいえ、デリケートゾーンの粘膜箇所にすり込む使い方はやはりオススメしません。)事が大切です。

洗い方も大事

 

ジャムウハーバルソープの使い方を間違うと危険という事に繋がらないためにも合わせてご紹介していきます。

yahoo知恵袋にもありましたが、ジャムウハーバルソープだから大丈夫と思い、デリケートゾーンの粘膜ももゴシゴシ洗ってしまうのは実は間違っていて、ジャムウハーバルソープの公式サイトで正しい使い方がご紹介されています。

私も、ジャムウハーバルソープの公式サイトが推奨するオススメの使い方を実践していて、間違えた使い方が少しでも無くなる様に、正しい使い方カードを作成してみました。

【ジャムウハーバルソープ】は泡立てウルトラ3分パック

正しい洗い方は、ゴシゴシこすり付けるのではなく、優しい泡を乗せてパックする

 

まとめ

 

ジャムウハーバルソープが危険というのは、間違えた使い方や、デリケートゾーンのph環境を壊すような使い方をした結果、細菌が繁殖しやすくなったり、進入しやすくなったという状況を作り出してしまった事で、必ずしも、ジャムウハーバルソープが危険という事ではなかったという事です。

専用石鹸であるジャムウハーバルソープを使うにも

  • ゴシゴシデリケートゾーンの粘膜まですり込まない
  • 優しく泡乗せ、粘膜にゴシゴシと洗いこまない

きちんと、デリケートゾーンの環境を知り、phを知ることで、普通の石鹸をはじめボディソープなども使用しないことで、清潔なデリケートゾーンを保つことが出来るということです。


デリケートゾーンのお悩み【黒ずみ】の原因とジャムウハーバルソープについてオススメの記事はコチラ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪デリケートゾーン脱毛に通う主婦のまみやと申します。脱毛がきっかけでジャムウ石鹸やデリケートゾーンケアに対する意識が変わりました。 元々、一般財団法人日本園芸協会のハーブコーディネーターの資格を保持していた事もあり日本女性のデリケートゾーンケアを向上させていきたいと考えるようになり【デリケートゾーン美容塾】ブログを発信中です。