はじめまして

デリケートゾーン美容塾へ

私は、現在VIO脱毛に通う主婦の【まみや】と申します。

それまでの私は、デリケートゾーンに対してはかなりの無頓着でした。理由としては、【デリケートゾーンの洗い方】や【ケアの方法】なんてまったくと言っていいほど教わったり、習った事がなかったという事が一番の要因。

読者の皆さんにも、私と同じように「教わったり」「習った事がない」という方も少なくは無いのではないでしょうか

日本人は、デリケートゾーンケアに対して後進国だといわれております。

最近でこそ、デリケートゾーンケアに関心が向いてきたり、様々な雑誌やメディアでもデリケートゾーンケアについての特集が紹介されてくるようになり、以前よりはオープンに話が出来る様にもなって来ましたね。

ですが、それは世代的にも大きな開きもあり、20代~30代では常識レベルになりつつある日本人女性のデリケートゾーン事情も、40代に入ると未だ抵抗がある世代も多いそうです。

ですが、ここ最近になって40代の雑誌でもずいぶんとデリケートゾーンケアについても特集が組まれ、更には下活なんて言葉まで生まれ、ようやく日本人女性にもデリケートゾーンケアの意識改革が起きて来たといっても過言でないのかなと感じております。

 

ここで、質問です。

あなたは、ご自身のデリケートゾーンどのように洗っていますか?

ジャムウ

一昔前に、温泉や銭湯で中年のおばさんが、シャンプーであそこの毛を泡泡まみれにして洗っているところを目撃したことはありませんか??

 

子供心に、そんな洗い方をしている人を見てドン引きしてしまった事はないですか??実は、私も子供の頃にそんなおばさんを目撃してしまい、ドン引きしてしまったことがあります。

洗うことは良いこと?

大人になり、デリケートゾーンを石鹸やシャンプーで洗っちゃいけないと、何かで耳にしたり目にする機会が出来てからただただ、シャワーで洗い流すのが定着したのですが、何となく、おりものが綺麗に落ちない事もあるな~とか、気になってボディーソープで洗ってみると、何だかヒリヒリしる感覚が出て、本能的に洗っちゃダメだな・・やっぱり・・なんて納得してみたりとやり過ごしていた私。

そして年齢も重ねたある日。

とあるサロンでVIO脱毛というものを知る!

それまでも、A〇女優さんが、脱毛しているという事は世の中にありましたけど、一般人の感覚としたらそりゃ~もぅ、VIO脱毛なんて、驚きであの時の衝撃といったらかなりのものでした。

ですが、サロンで聞くところによると

  • 生理の時に蒸れない!
  • おりものの時も快適
  • 清潔で衛生的
  • 下着も決まる
  • 水着も堂々と履きこなせる

 

これ!今では当たり前で、常識的な考えの域になっていることでもあるのですが、その頃の私にはかなり衝撃的なニュースで驚いたのを覚えています。

だからでしょうか、アラフォー世代に突入してようやくタイミングも合いただいま、私はデリケートゾーン脱毛、いわゆるVIO脱毛に現在進行形で通っています。

実際に、通い始めて感じたメリットは

 

通うと決めた時には、既に蒸れ・生理の時の不快感の軽減・おりもの時の不快感・下着を綺麗に履きこなせる・そして衛生面でも清潔という知識が既にあったので、ここのところを改善できかつ、有意義に過ごせるなら、そんな素敵なことは無いとむしろ、わくわくしながら通い始めました。

そして、デリケートゾーンの脱毛に通うことで更に広がった知識を得たこと

実は、デリケートゾーンの脱毛に通いたくて通い始めてみたら、今までとっても無頓着だったという事に気づくことに

実は、調べてみるとデリケートゾーンを洗うには専用の石鹸があるという事を知ることに。以前、ボディーソープでデリケートゾーンを洗ったときにヒリヒリ感じたのは紛れも無く、間違った洗浄で洗ってしまった事が原因

デリケートゾーンは膣や大事な子宮などへ細菌が進入しないように、バリアがされていて細菌が進入しないようにベストな環境で保たれているんです。

その環境を間違った石鹸やソープで洗ってしまっては、環境が壊れてしまい、細菌が進入しやすい環境を作ってしまうという事になるなんて、お恥ずかしながら、教わったことも、習ったこともありません。

 

日本人は、デリケートゾーンケアに無頓着

確かに、病気になってからでは遅いです。

 

私は、現在自身のデリケートゾーンの脱毛に通いながら、デリケートゾーンケアについて正しい知識やケアの方法をブログを通して、少しでもお役に立てるよう今後も様々な情報を発信していきます。

デリケートゾーン美容塾【まみや】

https://kirei-jyoshi.site/

 

ジャムウ