VIO脱毛2回目直前!毛の感じは?【Iライン】の自己処理難しいけど、そんな時のシェービングはどうするべき?

Sponsored Link
 VIO脱毛に興味がある方へのオススメ記事です!
まみや
ようやく、2回目のVIO脱毛を受けに行った【まみや】です。

前回までの記事はコチラ

ハイジニーナキャンペーン

 

脱毛サロン直前の毛の様子とは

私の通うサロンの契約が2ヶ月に1回という事もあって、1ヶ月が過ぎた頃には抜け落ちる毛と、そうではない毛に分かれた気がします。

これは、私の見解なのですが、毛根にダメージが与えられた毛は3週間目くらいにボロボロと抜け落ちてきたのですけどその抜け落ちも1ヶ月が過ぎる辺りには、落ち着き?残る毛や新たに生えて来た毛も出て来ました。(また、毛根には毛周期もあるので、新たに生えて来た毛もある様です。)

結局、その残った毛はそのまま、居残り、気になって1本引っ張ってみるも、びくともしませんでした。なので、前日のVIO脱毛の施術前にお約束の自己処理をする事になったのですが、状態としては1cm程度の伸び。

そして、割と思ったよりも毛の量はありました。
なので、前回の様にシェーバーを使い自己処理。

自己処理Iラインが難しい

私の苦手とする自己処理が【Iライン】なのですが、サロンによっては剃残しのシェービング代がかかってしまうところもありますので、サロン選びの際には、追加のシェービング代の事も踏まえて決めるのもひとつのポイント!

ちなみに、私の通うサロンでは剃残し代のシェービングOラインや背中意外等は掛かる様です。

なので、今回も苦手なIライン特に、粘膜ギリギリが剃残しがあり追加のシェービング代金が発生しました。

最初の頃は、無理して傷つけてしまうよりはサロンのスタッフさんにお願いしシェービング代も考慮してもOKかなと思います。




Iライン専用シェーバー

当日の施術前にはシャワーを浴びてからサロンへ出掛けよう

少し、余談ですが、やはりデリケートゾーンをさらけ出すのですから、サロンへ行く前にはシャワーを浴びてデリケートゾーンを綺麗にする事をオススメします。

現在、VIO脱毛に通うようになってからはLCジャムウ・ハーバルソープを使う様になったのですが、自分でも気づかない臭いや、またいくら慣れているとはいえサロンのスタッフさんへデリケートゾーンをさらけ出すわけですからエチケットとしてもマナーが大切と思うようになりました。

2回目のVIO脱毛

前回同様、施術室へ入るとガウンに着替え、ベットで待ちます。

サロンのスタッフさんも前回の方では無く、こちらもまたまた緊張してしまいました。

スタッフさんは慣れた手つきで作業を進めて下さったのですが、なぜだか、今回は痛みを感じました。

一応、スタッフさんからは「大丈夫ですか」と声かけがありましたので、「前回より痛いです・」と伝えると、おそらく出力を下げてくださったのでしょう。少し和らぎましたが、もしかすると、初回、痛みを感じなかった私は、出力が低かったのかな?と思いつつ、その質問が出来ず残念

脱毛を終えて、1週間!ふと気づいた毛の変化

前回も何となく、気になった変化なのですが、フラッシュ脱毛を受け効果があった毛根から伸びる毛は折れている毛が多いこと。

おそらく、毛根にダメージを与えられた毛は、折れ曲がるイメージなのかなと思います。初めてのVIO脱毛の際もこの様な毛が抜け落ちて行った流れだった気がします。

前回は3週間くらいから抜け落ちて来ましたので、今回も経過を見ながら次回3回目の脱毛までの変化をまたご紹介したいと思います。

 

まとめ

2回目の脱毛を終えて、効果はどうだったのかという事ですが、まだまだ毛周期の関係もあり、新たに生えて来た毛も顔を出し、劇的に減ったという感覚は薄いですが、まだ通い初めて2回目という事もあるので、回数が増すにつれ効果も出てくると思います。

見た目の毛の量意外での変化は、やはり快適になったというところです。蒸れ感や臭いなどの不快感!他、生理の際のトラブル(絡まったり等)が無い分やはりVIO脱毛は、始めてよかったと実感しています。

私の場合は、ハイジニーナで通っておりますが、毛の形も様々ですのでサロンで相談して自身にあった快適なデリケートゾーン生活を体験してみませんか

 

サロンでは【無料カウンセリング】で不安や悩みを一緒に解決でき安心に通う事が出来るのでオススメです。

まずは無料カウンセリングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪デリケートゾーン脱毛に通う主婦のまみやと申します。脱毛がきっかけでジャムウ石鹸やデリケートゾーンケアに対する意識が変わりました。 元々、一般財団法人日本園芸協会のハーブコーディネーターの資格を保持していた事もあり日本女性のデリケートゾーンケアを向上させていきたいと考えるようになり【デリケートゾーン美容塾】ブログを発信中です。